【お知らせ】『社会貢献応援債』贈呈式が行われました(日本サポートシステム株式会社)

2020年6月25日(木)常陽銀行 阿見支店にて『社会貢献応援債』贈呈式が行われました。

『社会貢献応援債』は、常陽銀行が取り組む寄贈サービス付私募債です。TXFAの幹事会社のひとつである日本サポートシステムが発行する私募債の手数料の一部を活用し、一般社団法人あいずへ運営費を寄贈頂きました。寄附金は、一般社団法人あいずが運営するブラインドサッカーチーム「Derroto Saber(デロッタサベール)茨城」のチーム強化費用に割り当てられます。

贈呈式の主催者である、株式会社常陽銀行 阿見支店 国井支店長よりご挨拶を頂きました。
「当行では、社会貢献活動をされている団体へ寄附をする取り組みを行っています。今回、日本サポートシステム様からあいず様へ寄附をされますこと、ブラインドサッカーチームの運営のためぜひ有効利用をお願いいたします。当行は今後も地域のお客様とともに地域社会貢献に取り組んでいく所存です。」

寄贈者挨拶として、日本サポートシステム株式会社 取締役兼CFO 岩木から挨拶を申し上げました。
「あいずさんとは1年半くらいのお付き合いをさせて頂いております。昨年初めて見たブラインドサッカーの試合でリスクを恐れずにチャレンジする姿がとても衝撃的でした。弊社は、Fun To Challengeというモットーのもと、日々仕事をチャレンジし楽しんでいます。今回寄附をさせて頂きますのは、あいずさんのチャレンジスピリッツを胸に刻み、私たちにプレーを通じて元気を分け与えてもらいたいと思ったからです。今後も連携を高めていき、茨城県の活動を活性化していきたいと思います。また、弊社は8月に本社が移転し、更にパワーアップしていきますので、私たちの応援もよろしくお願いします。」

受贈者挨拶として、一般社団法人あいず 石和田理事長より御礼の言葉を頂きました。
「社会貢献応援債を頂きこの名に恥じない活動を続けていきます。昨年もご支援を頂き、スポンサーの方にどこか甘えている部分もどこかあったかと思います。応援してくれているスポンサーの皆さまや地域の方々に結果を届けます。そして、運営力を向上させながら活動をしていきます。今後とも宜しくお願いいたします。」

常陽銀行:ニュースリリース
https://pdf.irpocket.com/C8333/QW2b/OkF2/Gd3d.pdf

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

  • カテゴリーなし
アーカイブ