Team Cross FA 創立の背景と目的 |天野 眞也(あまの しんや)

 
発表全文

皆様、改めましてこんにちは。本日はお集まりいただきまして、本当にありがとうございます。

私天野の方からはですね、このチームクロスエフエー創立の背景と目的についてお話をさせて頂きたいと思います。

まずですね、日本の経済の現状から少し振り返って参りたいと思います。 私共、日本のですね、製造業成長率というのは、低下して横ばいが続いております。

これは皆さんご周知の通りですが、失われた20年ないしは、ぼちぼち30年と呼ばれております。

かつてトップシェアを誇った家電というのは、韓国・中国勢が中心になりまして、もう少しわかりやすくいきますと、例えば白物家電、これはもうハイアールに非常に設計されていますね。 そして、パソコンはどうでしょうか。やはりこれも中国製の方に猛追されております。さらにもう抜かれちゃってるんですかね。 で、この薄型テレビ、こちらもですね、サムソン、LGといったところで、日本メーカーはソニーさんがギリギリ入っているぐらい、その他になってしまっております。 このようにですね、どんどん、どんどん、メーカーというのがですね、厳しくなってきてます。

じゃあ、なぜそれでも横ばいができているのかというとですね、これはもうひとえに自動車産業でございます。 とはいってもですね、この先EV時代がきますと、より競争が激化するというのは、皆さんご想像にたやすいことだと思います。

これまとめますと、日本はコストパフォーマンスゾーンというところで、製造技術と真面目気質の人材によって高いコストパフォーマンスを実現しておりました。 ところが、以前はこの格安の低品質、低価格と思われていたところが、どんどん、どんどん、品質が上がってまいりまして、浸食されていくと。

一方でプレミアムゾーン、例えばですね、ドイツでいったら、BMWとかベンツとかですね、あるいはアメリカでいうとアップルといったところにですね、ブランディングで入っていけたらよかったんですけど、 なかなかここにも壁が高い、ということで、今日本は苦戦をしております。 で、一方でですね、日本を支えているのは何かと、日本というのはどういう国かというと、もう紛れもなくですね、このモノを売って食料や燃料を買うという図式なんですね。 黒字になっているのは、もう輸送機械、一般機械という、まさに、これが日本である、ということでございます。

じゃあ、この日本の強みは何なんでしょうかというところですけれども、こちら、皆さん、日本の強み、何でしょう。これはもうこういうことになりますね。 部品定数が多くて、生産技術が求められる製品。例えばこれ、自動車になりますと、大体5万点以上の複合素材を組み立てています。こういった自動車。 そしてですね、その次に工業製品で部品点数が多いのはコピー機ですね。A3レーザー複写機、これを見て頂くと、これも世界トップシェアということで、こういった生産技術がものを言う製品というのが今でも日本では非常に高いシェアを持っております。 そして、この日本の生産技術においての自動化というのは、まあ日本が誇る、得意とするところで、ロボットの、産業ロボットですね、の世界シェアというのは世界一でございます。 そして、スマートファクトリー化、このIoTにおける、まあ重要なパーツであるセンサー、このシェアをですね、日本は非常に高い。

そして、スマートアプリではもう一つ欠かせないエネルギーですけれども、火力発電効率でギネスに認定されていますし、再生エネルギー、太陽光発電効率トップというのは、日本企業が独占している状態です。 こう考えますと、日本というのは、エネルギーも含めた全体最適化をされたスマートファクトリー、これは世界ナンバーワン、当然期待していいと思っております。 じゃあここで、なぜスマートファクトリーなのか、というところなんですけれども、これは、皆さんご承知の、よく見ると思うんですけどね、産業革命の歴史であります。

第一次産業革命、蒸気機関でイギリスが織物産業で一気にブレイクして、これは実は世界の4分の1をイギリス、大英帝国が手に入れます。 そして、第二、第三次産業革命は、これはアメリカが二連勝していますね。自動車産業、高級感ということで。 ここでもちろん日本はですね、大量生産技術を活かしまして、本当に世界の工場となるわけですが、これから第四次産業革命が起こると言われている中、 このスマートファクトリーを武器に、ここを取る国は一体どこなんでしょう。もちろんアメリカは三連勝を狙ってまいります。そしてドイツインダストリー4.0。そして本当の強敵は、製造2025の中国ではないでしょうか。 当然、この第四次産業革命を制した国が、世界で最も力を持つということはですね、歴史が証明しております。

では、日本はですね、100年前どうだったかということを、思い出すというわけではないですけども、理解しましょう。 100年前というとすごく昔に感じるかもしれないですけども、今でも90いくつのおじいさんおばあさんはたくさんいらっしゃいますよね。 100年前はですね、もし暑くても、あおいでもらうしかないんです。遠くに行きたくても、馬車か籠しかありませんでした。 音楽を聴きたいっていうニーズ、ないかもしれませんけれども、もしあったとしても生演奏しかないんです。なぜなら、蓄音機もラジオもなかったんですね。 こういったことを考えると、もう貴族の方しかですね、こういうことの、氷とかね、馬車とか籠を手に入れることができませんでした。 ところがですね、今現在は、エアコン、クルマ、バイク、そして音楽を聞きたかったらスマホでしょ。

ところがこれもですね、数千万台とか、数億台とか、そういう単位で生産しないと、これはですね、今のような十万円とか二十万円とかそういう金額で買えるものではないですね。 そう考えますと、日本というのは、スマートファクトリーのノウハウ、生産技術や製造技術、こういったものがたくさん蓄積されている国だということが明確であります。 このスマートファクトリー技術、所謂、生産技術や製造技術を全体最適して技術化させていきますと、どんないいことが起こるか、ということで、このウィン1、 人手不足の解消、そして日本の製造業の競争力の強化、これは当然であります。

しかしながらですね、先ほど冒頭にお話しさせていただいた、今日本の製造業がたくさんですね、下から追い上げられている状況、もう売られてしまった外貨というのは、これだけでは中々もう取り戻せない。 いうことで、スマートファクトリー自体をですね、日本の新たな外貨獲得産業ということで創出していきたい。これがウィン2ですね。 そして、そのスマートファクトリー化がこれから世界をもっと豊かにと。エネルギーまで考えた公害に直結しないスマートファクトリー化こそが世界を豊かにするウィンスピード、いうことで、 ウィン・ウィン・ウィン、これ非常にいいことだと、私たちは思っているんですけれども、今はこれを支える企業や団体がありませんでした。 そこで、私たちは、建物、IT、ヒト、設備、全てをワンストップで提供するチーム、これを設立いたしました。 それがまさにこのチームクロスエフエーなんです。これがまさに設立の背景でございます。 是非皆さんもですね、このチームクロスエフエーの応援を宜しくお願いいたします。